20代後半だからこそ!キャリアにつながる転職の3つのポイント

キャリアにつながる転職とは
1.転職市場で最も人気が高い20代後半

 第二新卒を含めた20代後半は、すでにビジネスマナーの基本が身についており、未経験分野でも約薬できる可能性が高いことから、企業側に需要が高い年代です。求人数も多く、他の年代を比べると転職は容易ですが、だからこそ、将来を見越した準備が不可欠です。

 そこで、20代後半でキャリアにつながる転職を成功させる秘訣について、考えてみたいと思います。

2.転職プランをしっかり立てて実行!

 転職を考えるということは、就職した職場に何か不満があったはずです。正社員として働いたからこそわかる、自分の志向性や興味を持てる業界をしっかり自己分析し、目標とする転職時期を想定し、転職プランをしっかり立てて実行することが大切です。

 ここがポイント!

  • 職種や業種が絞り込めているのなら、離職者の多いボーナス支給後、あるいは年度末に求人情報がないかをチェックする

  • 二度三度と転職を繰り返さずに済むように、企業研究をしっかり行う

  • 自分のキャリアが明確でない場合は、転職エージェントに登録し、転職のプロとともに転職プランをたてる

  •  20代後半では、自分の考えている強みや志向性と、プロのキャリアコンサルタントが見るそれとがずれているケースも少なくありません。自分を客観視する意味でも、プロのサポートを受けることをおすすめします。

    3.在職しながらの転職活動は裏目に出ることも

     生活を考えると、在職しながら転職活動を行うのはやむを得ないこともあるでしょう。ですが、企業の採用担当者によっては、働きながら転職活動を行うことに不快感を表す企業も少なくありません。

     退職時期が不明確なのは、採用側にはデメリットになることも覚えておきましょう。

    売り手市場だからこそ計画的に

     企業側も、一時の感情で軽はずみに前職を退職し、転職活動を行っている人を採用しようとは思わないものです。自分は将来どうなりたいのか、仕事のキャリアをどう積んできたいのかを、しっかり考えるのが転職成功の秘訣なのです。自分の将来のビジョンを明確にすることから、始めてみてください。

    この記事は役に立ったと思ったら、シェアして頂けるとありがたいです。