退職が決まってからまとめて有給をもらってもいいの?!

 転職先が決まったら退職手続きに入る必要がありますが、“有給がだいぶ残っているようです。退職する前に全部使い切ってしまいたいのですが・・・”“まとめて取得したら会社に迷惑だろうか?!”という悩みを抱く人が多いです。

 結論から言えば、有給を取得することはあなたの権利ですので、ためらわないで取得すればいいのです。しかし有給をとることについては会社には「時季変更権」があります。あなたの都合だけで有給を10日以上まとめてガバっととることは難しいかもしれません。

有給の残り日数を計算してみよう

 転職活動をスタートする前に、有給については①何日残っているのか?!②今からでも取得可能なら、なるべく早めに消化しておく・・・ほうがよいでしょう。会社とも問い合わせて、正確な有給日数を計算しておきましょう。

 会社としても労働者に有給を与えることはやぶさかではありませんが、かといって数年分の有給10日間以上を一気にとられたりすると業務に差しさわりが出てもおかしくありません。会社とよく相談してお互い納得のいくようなスケジュールを組みましょう。

引き継ぎ作業は最後までしっかりと行う!

 辞めるからといって無責任な態度は許されません。最後まで感謝をもって勤めることが大事です。後任がすぐに決まるかどうか?!は運次第ですが、後任に対する引き継ぎ作業の計画も含めて、有給を取得する計画を立てます。

 有給を取得するに際して、産休や育休もとっていた人は注意が必要でしょう。産休・育休をとっていた期間は“働いていた期間”としてカウントされるのです。ですから正確な有給日数は会社と確認するほうがよいでしょう。



【関連記事】
終わりよければ全てよしの精神で退社の挨拶を
トラブルを避ける退社の理由を考えよう
途中入社の注意点を頭に入れておきましょう
転職者にとっての試用期間とは?正しい理解で正しく転職

この記事は役に立ったと思ったら、シェアして頂けるとありがたいです。