転職者にとっての試用期間とは?正しい理解で正しく転職

試用期間と本採用

 転職のために求人を漁っている時、各企業の求人情報を上から下までしっかりとチェックしている人は、そこに必ず「試用期間」という言葉があることに気が付くはず。就職活動の時にも気になり、社会人になった時に実際に経験した人もいるかもしれません。

 この試用期間を知ろうとすると、「本採用」という言葉がちらつき、これらを全く別物と捉える人もいるため、よくわからなくなってしまうと考えられます。

 こう考えてみてください。試用期間が終われば本採用、というよりも、入社時点で本採用は始まっており、その最初の数ヶ月が試用期間なのであると。契約的にはこちらの考え方の方が正しいのです。

企業が解雇を決断する時

 試用期間を経て本採用になったとしても、解雇される可能性は消滅しません。入社時点で本採用が始まっていると考えれば、解約権を企業がずっと持ち続けていることになり、しかし、試用期間中はその行使がほんのわずかだけし易いに過ぎないのです。

 では、企業がその解約権を行使して従業員を解雇することを決断する時、そこにはどのような理由があるのでしょうか。就業規則などに書いてあるはずですが、会社にとって損害をもたらすと考えられ、また、従業員に道義上の問題があり、企業による教育や指導では改善するのが不可能であると判断されれば、解雇という決断を下さざるを得ないのかもしれません。

 つまりは、結局、試用期間中も本採用となってからも、さほど解約権の行使のための基準や理由については変わりないとも言えるのです。

気にするだけ損?

 ここまで見てきてどうでしょうか。試用期間に対するイメージが変わった人もいるかもしれません。

 まとめてしまうと、試用期間というのは、気にするだけ損なのです。転職希望者は堂々と、自身の過去の経験を新しい職場で発揮すればそれでOK。それが問題なくできれば、解雇のことを気にする必要もないですし、待遇等も基本的には本採用後とさほど差はないはずなので、この点も気にする必要はないのです。

 気にすると応募に慎重になり過ぎるなどの弊害も出てくるため、知識としては持っておきたいですが、あってないようなものと認識しておいた方がいいでしょう。



【関連記事】
終わりよければ全てよしの精神で退社の挨拶を
トラブルを避ける退社の理由を考えよう
途中入社の注意点を頭に入れておきましょう
退職が決まってからまとめて有給をもらってもいいの?!

この記事は役に立ったと思ったら、シェアして頂けるとありがたいです。