転職成功までの5つの道

 行き当たりばったり転職活動を始めても、きっとどこかで壁にぶち当たってしまうでしょう。そんな時には以下のことを参照し、活動を再開することをオススメします。というよりも、最初から参照しつつ転職活動を始めることを強くオススメします。そうすれば、あなたの前に壁は現れないかもしれません。

転職活動の土台を構成する

 転職準備は転職活動の土台。どんな逆風にも耐えられるようなものにしておきましょう。この土台を構成するのは、意志や目的、動機など。どれもあなた自身で見つけたり定めなければならないものばかり。それがあるからこそ計画を練ることができ、迷いのない転職活動ができるのです。


【参考記事】
工夫のある企業研究こそ意味がある
転職前に知っておきたい自分の市場価値
メリットが大きいのは在職中の転職か?退職後か?
転職活動にかかる期間の目安
転職するなら体調管理の徹底を!まず第一に考えたいこととは

求人情報を集めるにはツールを活用

 今ほど転職活動が簡単にできる時代はないかもしれません。それほど、求人情報を集めるためのツールが充実してきています。これらをくまなく活用しましょう。狭い視野のままでは良い求人とは出会えません。新たなツールを活用するからこそ、新たな求人と出会えるものなのです。


【参考記事】
転職サイトの求人票のチェックポイント
転職サイトのスカウト機能は役に立つ?
転職で気を付けたいブラック企業

書類審査を通過する

 自分と相手、この両者を踏まえた内容を応募書類上で表現しなければ、書類審査の壁は越えられないでしょう。転職希望者とそれを受け入れる企業側の都合やニーズ、これらが合致していることが審査突破の鍵を握るのです。独りよがりではなく、相手のことも考慮に入れた履歴書と職務経歴書でなければなりません。


【参考記事】
細かい部分にこそ気を遣いたい履歴書
見られることを意識して履歴書を作成しよう
応募書類で悩んだらこれで解決!

回答と質問を準備

 面接が受けられるということは、少なくとも企業はあなたに興味を持ってくれています。もうあと一押し。でもこれがなかなか高い壁なんですよね。ありきたりの回答や質問ではなく、相手の予想を良い意味で裏切る回答と質問、これを用意しておきましょう。他者との違いを明確にすることでインパクトを残すことができます。


【参考記事】
マナーが備わっていれば怖いものなし
闇雲では意味がない面接対策
NG集をまとめておくことで回避可能です

退職は前もって準備をする

 転職活動に取りかかる前に、退職してそれを行うのか、それとも転職先が決まってから退職するのかを明確にしておきましょう。中途半端は退職する企業にも転職先にも迷惑がかかる可能性があります。不利な状況にならないように、前もって準備しておくこと、退職とはこれがあった上で行われるべきものなのです。


【参考記事】
終わりよければ全てよしの精神で退社の挨拶を
トラブルを避ける退社の理由を考えよう
途中入社の注意点を頭に入れておきましょう
退職が決まってからまとめて有給をもらってもいいの?!
転職者にとっての試用期間とは?正しい理解で正しく転職