メリットが大きいのは在職中の転職か?退職後か?

一長一短ある在職中の転職と退職後の転職

 転職活動を行う準備の段階で、自らの環境を整えておかなければなりません。この環境の整理で最も気にしたいのが、在職中に転職を試みるか、それとも退職後に転職活動を始めるのか、といった部分。どちらも一長一短あるので、とりあえずはそれを把握してから決めた方がいいでしょう。

 在職中の転職ですが、経済的にゆとりをもって活動できるという長所があります。仕事をしているわけですからお金の面で困ることはありません。もし転職に失敗したとしても路頭に迷うことはないでしょう。その代わり、働きながらの転職活動は時間に制約があるため、集中しにくいという欠点を持っています。

 退職後の転職は在職中のそれとは逆で、時間はたっぷりあるけれども経済的に不安である、という一長一短が存在しているのです。

自らの状況・境遇を確認し判断しよう

 在職中・退職後、どちらに転職活動を行えばいいのか、それはあなたにしか判断できないことなのかもしれません。

 もし貯蓄がしっかりとあり、転職活動を始めたら数ヶ月で新たな職場に移れる自信があるのであれば退職後に集中して転職活動に励めばいいですし、家族がいるなどしてお金に不安を持ちたくない、あるいはスカウト機能を使ったり転職エージェントのお世話になることで確実に転職ができるであろうキャリアを持っているのであれば、在職中に始めてもいいのかもしれません。



【関連記事】
工夫のある企業研究こそ意味がある
転職前に知っておきたい自分の市場価値
転職活動にかかる期間の目安
転職するなら体調管理の徹底を!まず第一に考えたいこととは

この記事は役に立ったと思ったら、シェアして頂けるとありがたいです。